読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲食人奮闘記

本当はどうしたいの?取り敢えずやってみてから考えよ!

自分と相手との本音の対話

 

 

パートナー、家族、友人、仕事仲間と、

 

もっとお互いを知りたくて、

 

もっと好きになりたくて、

 

もっと距離を縮めたくて、

 

話をしたのに距離が遠くなる。

 

そんな自分が嫌で、

 

自分と向き合い、

 

そして相手と本音で対話しようとしても、

 

余計にわからない、、、。

 

 

そこでまた自分を責めないでほしい。

 

今の自分がとっても素敵だから。

 

 

相手に暴言吐いてもいい。

 

相手に好きになってもらわなくてもいい。

 

今のパートナーでないと絶対にだめでも、

 

最悪、別れてもいい。

 

 

どんな自分でも必ず愛されているから。

 

本当に必要なら、

 

また戻ってくる。

 

 

ひるんでもいいし、

 

迷ってもいい。

 

 

さあまた行こう(^^)

 

 

 

僕が加美さん、笠松さんのコンサルを受けて、

 

僕なりに、

 

相手との本音の対話のポイントをまとめてみました(^^)

 

 

◇本音との対話について◇
・対話した先のゴールを描く。

自分がどうなっていたいか、どうしていきたいか、

もし何もしがらみがなく、

 

理想を取りにいけるとしたら、

 

どんなことが理想なのか、
 
先に描いておく。



◯対話をするときのポイント

 

・本音を伝えた後に、「あなたはどう思うのか?」

 

を聞いてみる。

 

そこで一方的に感情を吐き出すだけではなく、

 

対話が生まれる。



・言いたいことを放つだけではなく、

 

「よりよくなりたい。あなたのことを愛している」

 

この想いも伝える。



・湧き上がってきたことを、そのまま話合っていく。